FC2ブログ
いろは通信ブログ
発芽玄米としっかりおかずのお店・いろはからのお知らせです。
プロフィール

いろは弁当

Author:いろは弁当
発芽玄米としっかりおかずの
お弁当・お惣菜を販売している
【お弁当のいろは】からの
お知らせです。

千早店 (map)
東池袋店 (map)

ご来店予約、出前のご相談は、
03-5926-6039
または
090-3813-4971
まで!

カテゴリ

最新記事

QRコード

QR

いろは通信245  いろはのレシピのご紹介・その2
前回こちらのコーナーで、
いろはのレシピのご紹介として
【わかめの酢の物】【タルタルソース】について
を書いてみましたところ、

早速作ってみる!とのお声を頂きました。

ありがとうございます!

大喜びで早速の第2弾、
今回はスイーツ特集ということで
【バナナケーキ】【豆花(トーファ)
レシピのご紹介です。

その前に、いろはのスイーツレシピに
絶対欠かせない特徴的なものをご紹介します。

それが、やさしい砂糖

やさしい砂糖とは、
見た目は麦芽糖や黒糖のような薄茶色をしています。

これは沖縄産のこだわりのサトウキビを使った粗糖(そとう、と読みます)を粉末にした、
白砂糖に精製する前のいわゆるブラウンシュガーで、
黒糖のコク深さと白砂糖使いやすさを併せ持つ
いろはスイーツに欠かせないアイテムです。

それでは改めて
レシピのご紹介をどうぞ!

【バナナケーキ】(小さめの型5個分)
 ・用意するもの
    バナナ(皮は除く)……100g
    薄力粉……50g
    重曹……小さじ1/6
    全粒粉……50g
    バター……6g
    サラダ油……38g
    (殻は除く)……70g
    やさしい砂糖……45g
    ヨーグルト……小さじ1
    ラム酒……小さじ1

 1:バナナをミキサーなどでよく潰す。
 2:薄力粉重曹を混ぜてふるい、全粒粉と混ぜ合わせる。(粉セット)
 3:バターを湯煎で溶かし、サラダ油と混ぜる。(油セット)
 4:卵を黄身白身○に分ける。
 5:黄身3(油セット)砂糖を混ぜ、1のバナナを混ぜ合わせる。
 6:52(粉セット)を入れさらに混ぜる。
 7:白身○を泡立て、6にさっくりと混ぜ合わせ、ヨーグルトラム酒を加える。
 8:型に流し入れて230℃の余熱なしオーブン15分焼き、
   竹串を刺して様子を見ながら更に200℃少しづつ加熱すれば完成!

【豆花(トーファ)(6人前)
 ・用意するもの
    無調整豆乳……500cc
    粉ゼラチン……13g
    ……50cc
    黒蜜やデザートソースやドライフルーツなど……お好みで

 1:豆乳を鍋に入れ弱火に掛けて、沸騰しないよう気をつけながら68℃まで温める。
 2:粉ゼラチンを混ぜ、30秒ほどレンジで温めてよく溶かす。
 3:1を混ぜ合わせ、耐熱容器に入れて冷蔵庫2時間ほど冷やす。
 4:お好みで黒蜜デザートソースドライフルーツなどを掛けて完成!
        (いろはではやさしい砂糖をふんだんに使った自家製黒蜜とドライフルーツを合わせております)


如何でしょう?

バナナケーキもオーブンの余熱が要らなかったり、
豆花(トーファ)もほとんど材料がいらなかったりと、
かなり作りやすいレシピになっていますよね。

おうちで作ってみるもよし、
やっぱりいろはに買いに来て頂くもよし、

どちらにしても是非1度お試しください!


テーマ:お知らせ・紹介 - ジャンル:日記

いろは通信244  いろはのレシピのご紹介・その1
先週チラっと書かせていただきましたが、
いろはのメニューのレシピを知りたい!
というありがたいお褒めの言葉を頂きまして。

いろは『地域の共同厨房』を目指すお店ということで、
レシピなども決して秘密を作ったりせず、
皆さんと共有して行きたい。

もちろんお家で作って頂いてもいいし、
やっぱり面倒とか時間が無いとうことで
いろはに買いに来て貰ってもいい。

そんな風に思っています。

なので今回、お問い合わせ頂いた
【わかめの酢の物】【タルタルソース】について、
レシピをご紹介致します。

ただし、いろはでは物凄くたくさん一気に作るため、
細かいレシピの分量は季節気温
大きく変わってしまうことがあります。

こちらにご紹介するのはあくまでも
『基本型のレシピ』ということで、
味の調節などは実際に作る時にお好みでしてみて下さい。

【わかめの酢の物】
 ・用意するもの
    乾燥ワカメ……60g
    玉ねぎ……中玉1つ
    酢醤油セット……酢:150cc、醤油:60cc、
             砂糖・塩:大さじ1づつ
    酢醤油セット……酢:30cc、醤油:30cc
    酢醤油セット……酢:50cc、醤油:50cc
    わさび……お好みで少量

  1:乾燥ワカメをお湯で煮て戻し、水洗いしてよくふやかし、
    しっかり水切りしてから酢醤油セットを混ぜ込む。
  2:玉ねぎを薄くスライスし、酢醤油セットとよく混ぜ合わせる。
  3:1のワカメをよく絞り、の玉ねぎと合わせ、
    酢醤油セットと混ぜ合わせる。
  4:お好みでわさびを少々入れて味を整えたら完成!

【タルタルソース】
 ・用意するもの
    玉ねぎ
……60g
    ……適宜
    生卵……1個(約60g)
    ピクルス……60g
    マヨネーズ……60g
    胡椒……少々

 1:玉ねぎをみじん切りにし器に入れて、
   ひたひたになるまでに浸し、1時間漬け込む
 2:生卵を水から鍋に入れ、沸騰させてから10分茹で、
   水に晒して殻を剥いたらみじん切りにする。
 3:ピクルスをみじん切りにする。
 4:マヨネーズに用意した1、2、3を全て混ぜ込み、
   風味に合わせて胡椒で味を整えたら完成!

如何ですか?
意外と簡単ですよね!

是非お家でも作ってみて下さい!

この他のレシピのお問い合わせや、
メニューアイディアなど、
いつでもお待ちしております!

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

いろは通信210 午後メニューのご紹介その3〜台湾特集!?〜
台湾は東京から飛行機で3時間前後
安い時期のLCCなら2万円ちょっと(台北の場合)で行けてしまう、
身近なアジアンリゾート

美味しいものが多く物価も日本より少し安いので、
いろはの中にも何度も行っているスタッフもいるほどです。

屋台文化が盛んで、いろはの目指す中食文化
地域の共同厨房という考えにもピッタリだと、
以前コチラコチラの記事でも紹介した台湾から、
今回は3つのメニューをご紹介します。

『台湾風肉丼(たいわんふうにくどん)』……
台湾の屋台の定番。
現地では魯肉飯(ルーローファン)と呼ばれている、
豚を甘辛ダレに付け焼きし、ご飯に乗せた食欲そそる肉丼です。

いろはでは豚肩ロースを一口大に切り、
沖縄産の黒糖を効かせた甘辛ダレに漬け込んで、
タケノコネギを加えて炒め煮にして、
仕上げに五香粉を加えてご飯に乗せています。

黒砂糖のコクと風味と、たっぷりの食べ応えある肉が人気の逸品です。
午後からのメニューで、不定期で300円で販売しています。

『海南鶏飯(ハイナンジーファン)』……
主にシンガポールなどを中心とした地域で作られている、
鶏の旨味と脂がたっぷり染み込んだチキンライスです。
台湾では雞肉飯(ジーローファン)などとも呼ばれています。

いろはでは鶏肉発芽玄米に、
ニンニク・塩コショウ・パクチーを入れて圧力釜で炊き、
鶏肉のエキスにご飯全体を漬け込むような
美味しいご飯に炊きあげています。

鶏の成分を余すところなく食べ尽くせる素敵なお味です。
午後からのメニューで、不定期で300円で販売しています。

『豆花(トーファ)』……
台湾ではコンビニのプリンの隣にパックで売っているほど
お馴染みのスイーツ
甘く煮た落花生タピオカなどを乗せ、
薄味の黒蜜をたっぷり掛けたものが主流です。

いろはでは味にこだわった豆乳
砂糖などを加えずにプルプルに固めて
沖縄産黒糖をどっさり使った濃いめの黒蜜を控えめに掛け、
レーズンなどを飾っています。

豆乳本来の味を楽しめる柔らかいゼリーと、
黒糖の風味豊かな黒蜜がマッチしたアジアンスイーツです。
午前の部午後の部共に、100円で販売しています。
(なるべく毎日ご用意しますが、売り切れの際はご容赦ください)

🎄クリスマスケーキ・おせちの内容も引き続き募集中です!🎍

テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

いろは通信205」 午後メニューのご紹介その2
以前コチラの記事でもご紹介しました、
16:30~20:00の午後の部にて店頭販売している、
いわゆる午後メニュー

毎日ブログにてご案内をしておりますが、
やはり名前だけではあまりイメージが湧かないお料理や、
定番だからこそ内容が気になるお料理などあるのではないでしょうか。

そこで、不定期ではありますがこちらのいろは通信欄にて、
メニュー内容の詳細をご案内していきたいと思います。

今回は第二弾ということで、
こちらの3品をご紹介いたします!

『チーズのせオムライス』……
 日本発祥の洋食の代表的なメニューであり、
 いろはの定番メニューのひとつでもあります。
 ほんのり焦がしたケチャップの味が香ばしいチキンライスの上に、
 卵2つ分のボリュームあるふわとろオムレツを乗せ、
 仕上げにデミソースととろけるシュレッドチーズきざみパセリを添えた、
 どこか懐かしい味のメニュー。
 見た目はコッテリですが、中身が発芽玄米のチキンライスなので
 思ったよりあっさり食べられますよ。
 こちらは¥300でほぼ毎日販売しています。
 (品切れなどの際はご容赦ください)

『焼豚玉子飯』……
 愛媛県今治市の名物料理で、
 チャーシューと目玉焼きを乗せたどんぶりご飯のことを焼豚玉子飯といいます。
 いろはでは豚を塊肉のまま低温でじっくり
 柔らかく焼き上げ、肉厚にスライス
 さらに甘辛いタレで煮込み、発芽玄米の丼の上に並べて、
 仕上げに目玉焼きと小口切りのネギを乗せています。
 柔らかくボリューミーな豚肉濃厚なタレの旨みで、
 ご飯がどんどん進んでしまう逸品です。
 こちらは¥350で不定期販売しています。

『ロコモコ丼』……
 ロコモコは元々ハワイの郷土料理で、一説にはハワイ在住の日系料理人が
 作り始めたとも言われている、ハンバーグ目玉焼きを乗せた丼の事です。
 いろはでは付け合せにニンジンやブロッコリーなどの温野菜を加え、
 濃厚デミソースをたっぷりかけています。
 下のご飯はもちろん発芽玄米
 おかずだけ食べたいという方のために、
 ハンバーグと温野菜に目玉焼きを添えたおかずもご用意しています。
 ロコモコ丼は¥350
 おかずのみは¥250で不定期販売しています。

このように多国籍で多彩なメニューを取り揃えた午後の店頭。
是非一度お立ち寄り下さい!


テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ

いろは通信201 午後メニューのご紹介
酷暑の1週間がようやく過ぎましたね。

昨日今日あたりは少し涼しくなりましたが、
まだまだ暑い日が続くとの予報ですので、皆様お気を付けください。

いろはでは安全対策も含めてお昼(11:00〜14:00)
午後(16:30〜20:00)の二部制で、店舗の営業を行っています。

お昼はお弁当を中心に、お味噌汁サラダなどの販売を。
そして午後には、丼物お惣菜を販売しており、
その中にはお弁当とは一風変わった商品もいくつかあります。

今回はその中から、いくつかの商品のご紹介をしていこうと思います。

『ガパオライス』……
 タイの名物料理で、元々は
 鶏肉のバジル炒めご飯といった感じのものだそうです。
 いろはではお店で挽いた鶏肉を、玉ねぎ・バジルと
 ナンプラーなどで炒め、生レモンをギュッと搾って、
 仕上げに目玉焼きを乗せています。
 試食した従業員曰く、「ご飯と混ぜて食べると
 えも言われぬ天国のような美味しさ」
だとか。
 こちらは¥300で不定期販売しております。

『山形名物 だし』……
 野菜をだし醤油に漬け込んで食べる、山形県の郷土料理です。
 いろはではナスキュウリミョウガなどを
 かつお節と醤油でしっかり漬け込みます。
 そのまま食べるもよし、
 ダシ汁ごとご飯やうどんにかけるもよしの逸品です。
 こちらも¥200で不定期販売しております。

 『おかず盛り合わせ』……
 「美味しいものを少しずつ」をコンセプトに、
 6種類のおかずを盛り込んだお得な商品です。
 内容は完全日替わりですが、基本的には
 豚鶏魚から1種類ずつ、副菜が3種類入って、
 お値段なんと¥250
 完全予約制で、当日の16:00までに
 お電話もしくは店頭にてご予約をお願いしています。

この他にも、午後には店頭限定の様々なメニューをご用意しております。
普段はお昼のお弁当だけ……というお客様も、
是非一度お帰りの途中などにちらりと覗きに来てみて下さい!




テーマ:美味しくて、オススメ! - ジャンル:グルメ